FC2ブログ

2008年12月28日(日)その2

11:00
一時的に攻撃を感じない時間があり、少し安堵していたが、ちゃぶ台の前に座って本当に何も照射を感じないかどうか、床に手を当てたりなどして確かめていると、また床の震えが始まった。"心の中で"「いずれにしろ404は(加害者)確定だと分かったよ。今度お邪魔するからな」と言って(念じて)みたら、隣室404との壁のすぐ向こうから物音が返ってきた。繰り返し言うが、隣室からしょっちゅう物音が聞こえてくるのなら、そのうちの幾つかが私の内言とタイミングが合ったとしても、偶然と見なすべきだろう。しかし普段は静かなのである。少なくとも、防音設備のおかげもあってか物音はほとんど聞こえてこない。その数少ない物音が私の内言にシンクロしているから問題にしているのである。

20:22
そのまま寝入って夕方目が覚めた。寝ている間に酷い動悸を引き起こされ、喉が干からびたように渇いているのがわかった。

寝る前に起こった現象をひとつ書き忘れていたので今書いておく。
ペニスの勃起を引き起こされる被害について心の中で加害者に文句を言っていたら、隣室404と階下の部屋から同時に物音が響き、続いて下腹部に充血感が発生、本当に勃起しそうになった。意識的に抑制することによって実現は回避したが。
加害者は私がちょうど話題にしていた通りの現象を引き起こそうとしてきたわけだが、この「勃起攻撃」も定番の加害メニューの一つである。加害者がひとたびスイッチを入れると、突然性器の周りがさわさわし始め、ジンジンとした通電感が起こり、そのまま自然に任せているとどんどん下腹部が充血してきて勃起に至ってしまうのである。一度、無慈悲な強烈さで勃起を引き起こされたことがあり、その時は全く回避できなかった。会陰部に勃起を引き起こすようなポイント(ツボ)みたいなのがあるのだが、そこにハッキリとした指でつつくような感触が走り、あれよあれよと思う間に勃起が完了してしまったのである。このときも加害者サイドを挑発するようなセリフを「心の中で」念じた直後に起こったのであるが、私自身全く性的興奮とは無縁の状態であったし、いずれにせよ会陰部へのピンポイントの触感までは外部からの関与なしには発生しえない。

2008年12月29日(月)その1

5:38
睡眠時の夢についても書いた方が良いのだろうか?実はレム睡眠中の夢への介入というのは思考盗聴技術の初歩と言われているらしいので、思考盗聴被害に遭っているとすれば、私にも当然行われているはずだと考えている。私自身、実際睡眠中におかしな夢をよく見る。というより大半の夢がどうやら普通の夢とは違うらしい。明らかに子ども時代にみていた夢からは質的に変わって来ているし、他の人達が夢について語るのを聞いても、自分の夢がそれらとは異質であると感じる。私の見る夢の特徴というのは、
①五感に訴えるリアリティ(特に視覚と聴覚。触覚もかな?)がとても高い
②知らない人、初対面の人が大勢出てくる
③これも登場人物についてであるが、ある時期(大学中退した25歳位)以降に知り合った人達(こちらの方が人数的には多い筈)がほとんど出てこない*。
これらの特徴は全て、登場人物を選び、映像や音声などのコンテンツを送り込むといった人為的な操作のもとに置かれていると考えると辻褄が合うような特徴ばかりなのである。だから当然私はこの件についても疑いを持っている。ただ加害者たちが一体どの程度まで介入し、私の夢をコントロールしているのか分からないし、夢によって毎回その介入の度合を変えているということも考えられる。また、介入したとして、その結果私が実際に夢の中でどのような感覚を感じているかということをどの程度まで正確にモニタリング出来ているかという問題も残る。私としてはそのあたりを確かめたいという思いを常々持っている。

*注:2016年9月7日   この先の日記を読めば、この傾向がすぐに破られ、25歳以降に知り合った人達がワンサカ出てくるようになることを確認できるのだが、その変化自体が夢が操作されていた証拠だと考えてよい(特にA布大学の関係者は6年間の在学中ほとんど出て来なかったのだが、このあと堰を切ったように次々と出てくるようになった)。この日記に夢の内容を記すようになってから急にこういった変化が起きはじめたのは、加害者たちがこの工作に俄然ハリキリだしたためである。

せっかくだから先ほど見た夢だけ記録しておく。覚醒間際の部分しかハッキリ覚えていないのだが、
父と母が出てきて、母は家を出て別居している状態。つまり私が高校生くらいのときの現実の状況と同じ設定になっている。母の親戚関係の用事で父以外の家族3人(母・兄・私)で翌朝出掛けなくてはいけないということになり、母が夜遅く臨時的に家に戻って来て、一泊する。2回の奥の部屋で父が寝息を立てている手前の部屋に、母はひそかに床をとる。私は下のリビングにいる。夜が明けて母が階下に降りてきて、「朝ごはん、うなぎを食べてから出かけよう」と言い、電子レンジのスイッチを入れる。するとそこに目を覚ました父も降りてきて、一気に剣呑な雰囲気に。私が「おはよう」と声をかけるも、父は「ダメだ、おしまい」と呟きながら電子レンジのコードをコンセントから抜いてしまう。といった夢。
シチュエーション的にあの当時なら実際に起こってもおかしくないくらいリアルな内容なのであるが、実は、この夢の舞台が実際の逗子の家ではなく、一度も見たことのない家だったということが特徴的。友達の家や、過去にお邪魔したことのあるよその家のどの間取りとも一致しない。それでいてリアルな存在感を持っていて、私も何の疑問も抱かずにその家を「我が家」として住まっていたのである。登場人物に初対面の人が多いと上に書いたが、このように、見たことのない街、見たことのない家などという「初めての場所」も多く出現する。
あと、この夢で可笑しかったのは、夢の中で私が母に「横っ腹が痛い」と訴えていたのだが、目覚めてみたら実際に振動攻撃で横っ腹が痛くされていたこと。夢の中に現実の痛みを持ち込んでしまったようで、これは思わぬ形での「夢への介入」であった。

2008年12月29日(月)その2


今日も気ままにバイクで遠足。麻溝台のリサイクルショップでボールペン、鉄板皿、手袋などを買って、今中津川の川原にいる。

外出している時に常に気になっているのは、思考盗聴や視覚盗撮が果たして外出先でもやられているかどうか?という問題である。今のところ、自室にいる時のようなリアルタイムの反応が感じられないため、自室にいる時に比べて若干の解放感があるのだが、他の被害者の話を読む限り、どうやらこれは何処へ行っても逃れられないものらしい。私の場合、音声送信による被害が(少なくとも覚醒時は)無いので加害者の存在感が実感できないだけで、実際には「いつでも、どこでも」付きまとっているものなのかもしれないのだ。しかしながら、外出時にはたいてい携帯でFMラジオを聴いているのでやろうと思えばリアルタイムで「仄めかし」を行うことも可能な筈であるが、今のところそれと断定できるような発言は確認されていない。部屋を出る前に心内で念じた言葉が、そのまま外出先で聞いていたラジオの中で飛び出したことは何度かある。明らかにほのめかしだと思われたのだが、この場合思考盗聴自体は室内でおこなわれたものと考えられる。また外出先で携帯でラジオを聴きながらウェブでエロ動画をダウンロードしようとしたときに、番組DJにリアルタイムで叱責(笑)を受けたことが2日続いたことがあるが、これについても思考盗聴・視覚盗撮以外の手段(携帯のハッキング等)によって可能なので、カウントしないこととする。しかしながら、視覚盗撮に関しては、それとは別にちょっと気になる現象が確認されている。
最近減っては来たのだが、バイクで走行中、すれ違う歩行者や自転車に乗った者たちの多くが携帯の画面と私とを交互に見比べるような動作をする。これについてはメールやウェブやワンセグを見ながら通行していた者が、ふと車道に目をやって私と目が合っただけという説明もつくが、画面に熱中している人間が歩道の前方確認を時々するのは分かるとしても、わざわざ車道、それも一台の原付バイクの方へまっすぐ目を向けるのは不自然に思える。また、私の姿を認めた直後に携帯を取り出して画面に見入る者も多いのだが、これに関してもたまたま人が携帯を取り出す瞬間にこんなにも頻繁に居合わせるものなのか、違和感を感じずにはいられない。そして彼らに共通するのは、画面を確認してニヤニヤ笑う者が多いということである。これは「思わず笑っちゃうような」何かが画面の中に映っていることを発見した際に、誰でも思わず出てしまう共通反応のように思われた。
そういった彼らの奇妙な挙動が、私にある一つの仮定を思いつかせた。彼らは「カメラに映りに来た」のではないか?つまり私の視覚盗撮映像が「放送」されていて、それが裏のエンタメとして特定の人々に共有されているのではないか?それが携帯電話の画面に配信されていると考えると、先ほどから書いている多くの通行人たちの不審な行動・反応が綺麗に説明できると考えたのだ。あのニヤニヤ笑いも、テレビの中に自分の姿を発見したときの反応、セリフに直せばさしずめ「あっ本当に映ってる~!」とでも言うべき表情だと考えれば合点が行く《先ほどから胸が苦しい。海岸での時よりもひどいかも。今も私が座っている岩が震えた》
実際、もし実現していたらかなり面白いエンタメとなるだろう。何しろ文字通りの「ライブカメラ」なのだ。特にターゲットが男の場合、彼の視野カメラに入るということは彼の目を惹きつけたということになるので、女性たちの間でターゲットの目を引こうとする競争が、一種のゲームとして流行する。実際、私の前に「映りに来た」ように見える奇妙な動作をする通行人の多くは、若い女性であった。それも結構ルックスに自信のありそうな女性が多い。また、それ以外にもカメラに映っている映像からターゲットの居場所を追跡し、見つけ出すというフォックス・ハンティング的な遊びも成り立つだろう。
そうなると、自然発生的に集団ストーカー的状況が現出しないか?わざわざ対価を払って人を集めなくても、この放送の「視聴者」たちが自ら率先してターゲット周辺にまとわりつくという現象が起こりうる。人は多かれ少なかれ野次馬精神というものを持ち合わせているから、テレビのロケでも近所でやってれば見に行きたくなる。また隙あればカメラに映ろうとする目立ちたがり屋もいることだろう。それと同じように、彼らがライブカメラであるターゲットの前で、女性なら女性として、警察なら警察として、暴走族なら暴走族として、それぞれ自分たちの「いいとこを見せよう」とする。その行為自体がターゲットにはそのまま集団ストーカー行為として受け取られるということも起こりうる。*
もちろん「ほのめかし」「コリジョンキャンペーン」「ストリートシアター」といった人為的に企図されたイベントもあるだろう。これらの行為については以前より「なぜわざわざ無名の一市民相手にそこまでするのか?」という疑問が呈されてきた。しかし、一市民たるターゲットだけを相手にしているのではなく、その向こうにいる多くの「視聴者」の目を意識しているのだと考えるならば、わざわざリハーサルをしてまで本番に備えたり、待ち伏せしてスタンバッてまでタイミングを合わせてきたりといった、粒々たる細工にかけるモチベーションの高さも理解できるのである。

*注:2016年9月7日
これは当時の見解であって、現在ではこのような情報媒体があるとしても、あくまで基本は工作行為を首尾よく果たすためのモニターとして使われていると考えている。

2008年12月29日(月)その3


ツーリングから帰ってきてワイン飲んで寝た。覚醒直後に振動刺激で動悸が引き起こされていることに気づいた。ただしなんか少しポイントが外れている気がしたので、寝返りを打つふりをして頭部を少し後方に移動させたら、そこに照射の中心があり、振動刺激と動悸がひときわ激しくなった(まあ、今更のことだが、こんなことは被害が「気のせい」とかいうことなら絶対に起こり得ない)。そして隣室404からガタンという物音が聞こえた。さすがにそのままだと辛いので、照射中心を確認した後、今度は右の方に寝返りを打って避けた。そうしたら今度は遅れて照射中心が新しい頭の位置の下に移動してきた。センシング技術を駆使しながらやっていることが露骨に解る出来事だった。起きて脈拍を測ったらなんと114/分だった。風呂に入ろうとお湯を溜め始めたが、この動悸がなかなかおさまらないので、今風呂に入ったら危険だと判断してやめた。それで昼間川原で書いた文章の続きを書くことにした。

2008年12月30日(火)その1


夜中に仕事行って(一応仕事納めということになる)、朝方帰って来て風呂入った後、朝飯喰ったところ。

万年床に横になると超低周波電磁界と思われるじんじんざわざわという刺激を浴びせられ、眠くされる。朝方はいつもそのパターンのようである。眠くなるから寝ようとすると、今度は寝入りばなに振動をかけて入眠を妨害してくる。いかにも一定の手順に従ってやっているのが見え見えなので、癪だから寝るのをやめた。そして横になった姿勢のままで、加害者に挑発的なセリフを " 心の中で "念じてみる。「おいコラ、1分以内に眠らせてみろよ。できねぇだろうこの低脳児が。借り物の機械いじってエラくなった気になってんじゃねえよ。....」等々。これくらいの悪罵は通例なので、その程度では相手もスルーらしい。そこでアドリブを入れてみる。今までに言ったことのないセリフ「日光猿軍団にでも入れてもらえよ」と念じた途端に隣室からガタンと物音。その後「まあ入れてもらえるかどうか分からねえだろうけどな、お前のレベルじゃ」等々と続けて、最後に、「人間未満が」と念じた途端にまた物音ガタン。
だいたいこのようなシンクロ具合はこの日記をつけ始めてから目立って高まってきているのだが、そもそも私はこの日記を始めたことを誰にも語っていない。ネットはおろか携帯のメモ帳にすら書き込んでおらず、この部屋での一人語りでも一切語っていないのだ。にも拘わらずあたかもあからさまに日記に書くネタを提供するかの如く、シンクロ率が上がってきているわけである。

8:39
携帯のウェブで被害者ブログなどを読もうとすると、また振動が始まる。ネットアクセスが筒抜けなのはさまざまな手段によって可能なので、被害のうちでは序の口に属すると云えると思うが、視覚盗撮が出来ているとすれば、私の場合これも視覚盗撮によるものかもしれない。
プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR