FC2ブログ

2009年3月15日(日)

19:40
昨日はあれから仕事に出かけ(鷺沼、小台、土橋2~4)、帰りにコンビニでウイスキーを買って帰宅後それを飲んだ。そのあと寝て、その時見たの後半の部分だけ覚えているのだが、

大学キャンパスか、もしくは大きな宿泊施設の類だろうか、背後に山の斜面を控える広大な敷地の中を巡り歩いていた。どこか人のいない場所を見つけて一人でのんびり横になりたいと考えていたのだが、なかなか見つからない。ラウンジのような部屋がガラスの壁越しに見えたのでそこにしようかと思ったが、奥の方で侍の格好をした年配の男性が一人で碁を打っているのが見えたので諦めた。でも結局そのラウンジには入って行き、その中にある売店で売っていたキリンレモンを買おうとすると、売店のおばちゃんが3本セットでなければ売ってくれないと言う。「3本でいくら?」と私が訊くと、「300円」と答えた。どうしようかと迷ったが、「冷えてるの?」と訊くと、3分前に冷蔵庫に入れたばかりだというような答えで、全然冷えていない。さすがに呆れて買うのをやめた(完璧に覚えてないので上手に書けないが、この場面に出てきた売店のおばちゃんの実在感、ちょっと意地の悪い言い回し等、当人が出演してきたとしか思えないようなリアリティーを備えていた)。その後、いつの間にか周囲がパーティー会場のような場所に変わっていて、私は高校の同級生だったI田君に連れられて奥の方へ歩いて行った。するとクラスメートだった女子の顔もちらほら見えた。これは高校のクラス会の会場なのだなと思ったが、ひととおり見渡した後、「うちの班来てないみたい」と言って私は立ち去った(実際は高校のクラスでは班編成などなかったのだが)。

目覚めた後もしばらくごろごろしていて、3時ごろ遅めの昼食を食って再びゴロゴロした。寝る前の酒をウィスキーに変えたせいか、だるさがなかなか取れなかった。そのうち眠くなってきてうたた寝をしたら、いつもと体調が少し違ったせいか、浅い眠りに断続的に吸い込まれるような状態になり、その間途切れ途切れの超短編のを次々と見ることになった。そのうち印象深かったものをあげると、

①教室の中で、長テーブルを囲んで少人数制の授業のようなものが行われており、私もそこに参加している。先生は女性だったが、誰だったか思い出せない。その先生が、何か「うさぎ」にまつわる話題を持ち出し、生徒たちに質問した。私は答えられないので先生と目を合わせないようにしていたのだが、私の左隣(先生の方を向いて座っているので実際には後方)に座っていた女性が、「うさぎはleap、つまりうさぎは跳ねる、です」とハキハキと答えるのが聞こえ、それに対して先生が「はい、そうですね」と言った。

先生が出した質問の内容が思い出せないのだが、の中の私としてはとにかく答えがわからなかった状態だったわけだし、その正解の鍵となるleapという単語も、私にとっては知ってはいたがの中ですぐに思い浮かぶような単語ではなかったので、私の中の潜在意識がこのを生み出したとはちょっと考えられない。

②テレビのクイズ番組の様子が視野に映っている。解答者の中にアイドルの女の子がいたのだが、彼女の鼻に何か違和感を感じたと思ったら、彼女が「鼻にシュークリーム載せてるんですよ」と言った。そのあと彼女が横を向くと確かに鼻にシュークリームが乗っかっていた。彼女はその奇抜なパフォーマンスの意味についても面白おかしく説明していたようだが、その内容はよく覚えていない。
③電車の先頭車両の運転席の後ろのスペースに乗っている。すぐ近くに何人分もの荷物を床に置いて一人でその荷物番をしているような学生がいた(部活だろう)。それが邪魔なので私は位置を移動して運転席のすぐ後に立った。すると車内アナウンスが始まった「この列車は中央本線の…」云々と言っていたと思うが、きちんと聞き取れなかった。しかしこのアナウンスが延々と続いてなかなか終わらず、いつの間にかラジオのDJみたいなしゃべりになっていた。私はこの時あたりから、これがだということに気づき始めた。心の中でアナウンスに対して「面白くねえな」とか言ってみたと思う。するとアナウンスが「イッツアショータイム!」だか「ミュージックスタート!」だか忘れたが、その類の決まり文句を叫び、曲名を紹介したらその曲が鳴り始めた。その曲は聴き覚えのない曲でどことなく70年代風の女性ボーカルによる曲だった(アバ風?)。歌詞は英語で、耳で追っていた時は半分位聴き取れたのだが起きた後では忘れてしまっていた。私にはよくある、フル楽曲が完全な形で聞こえるというパターンで、各パートの楽音や女性ボーカルのコーラスなども完璧に聞こえた。なかなかいい曲だと思いながら聴いていた覚えがある。サビのメロディーか歌詞の特徴的な部分を覚えておいてリアル世界に持ち帰り、後で検索してみようと思ったのだが、その時には曲は後半に入ってしまっていたようで、分かりやすいまとまったフレーズを取り出すことができなかった。〜以下略〜

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR