2008年12月24日(木)

11:18
とりあえず現状記録優先で。
午前中の睡眠時にはおそらく微振動系の攻撃だとおもわれるが、心臓の鼓動が不自然に早められ、動悸が発生した。大抵この刺激は、覚醒直後に弱められるのが常なのであるが、今日は覚醒後もしばらくこの不快刺激が続き、動悸がおさまらなかった。
15:00
ピアノを弾いていたら例によって下方からの振動あり。ピアノに集中しようとする私の意識に水を差す(断っておくが、私が弾いているのは電子ピアノであって、音量は小さい。騒音として階下に楽音が響くということはまず考えられない)。ピアノを弾くときは椅子に座っているのて、当然万年床の上にいる時よりも床からは遠い。それゆえ私に気づかせるために、ちょっとした地震じゃないかと思われる位の強度で振動をかけてくるので分かりやすいのだ。
さらに定番の両耳への圧迫感。これは強いて言うならトンネルに入った時の感覚に近いだろうか。気圧の低い場所に置かれたときの耳が詰まったような感覚に少し似ていると言えるかもしれないが、やはり違う。これはおそらく音波系を用いたデバイスによるものと思われる。
12月25日(木) 6:00
午後3:30ごろ郵便局に被害書籍の代金振込みに行き、帰りに三和で買い物。クリスマスということで(笑)奮発して3000円のワインを買ってきた。帰宅後ワインを呑みながら飯食って寝た。そのときの睡眠時、またもや振動による動悸を引き起こされた。
起きた後、携帯でウェブを見たりする。飯島愛が亡くなったらしいが、これは云うまでもなくテクノロジー犯罪がらみであろう。その後、ギターをいじるが(エレキギターだがアンプに繋がずに弾いているので普通のフォークギターよりもはるかに音は小さい。周囲の部屋から聞こえるということはまずあり得ない)、弾いている途中で突然床が振動し、それと同時になんとも言えない生理的不快感が襲ってきた。目まい、吐き気、発汗、便意をミックスしたような感覚である。当然弾いていられなくなる。これは二日酔いの不快感に近いものがあるが、直前まではスッキリしていたのに、突然二日酔いが発生する筈もない。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR