FC2ブログ

2010年7月1日(木)

19:02
自室にて。天気は薄曇り(ケム空っぽい)。

〈一般事項〉
・仕事:休み。

【夢】

☆昨夜の深夜〜朝までの睡眠時。

⒈街中の歩道を歩いていると、道端のバスの車庫みたいなところから出てきた男《今救急車のサイレン》の口から、私が犯罪者であることを仄めかすような言葉が聞こえてきた。そのあと私は歩道を歩きながら、「いま思考盗聴されてたら、アウツだよな(聞かされた言葉からいろいろ考えてしまい、脳内バグが出そうなので)」とつぶやくと、そこで目が覚めたのだが、そこは実際の私の部屋とは違う、広めの部屋だった。寝ている足の方向に部屋が延びていて、目を開けた時の視野には(実際にはない)卓上に並んだ調味料の類が映っていた。と思ったら前腕を掴まれて、両腕を頭の方向に強く引っ張られ、揺さぶられて身動きができなくなった。《今救急車のサイレン》そのあと本当に目が覚めた(二重夢)。

⒉教室の中に大勢の人が立っていて、私もその中にいた。見知らぬ若い女の子(おかっぱで眼鏡をかけ、東洋人だが日本人では無い感じ)が、私の背中に何か文字を書いた。その後その女の子は兄の背中にも何か文字を書くと言いながら、実際には兄の背中をポンと叩いただけでまた元の位置に戻った。兄が振り返ったので、私は咄嗟に「(叩いたのは)こいつ」と女の子を指した。
そのあと外野(?)から男の声で、「かっこいい!」と言うのが聞こえ、女の子が私に「顔ちゃんと見せて」と言ってきたので真っ直ぐ向かい合うと、女の子は「かっこいい〜」と言った。

⒊ポスティングの仕事中らしく夜の街角をバイクで移動している。とあるアパートに入ろうとすると、同世代位(?)の女性が出てきて鉢合わせになった。そのとき私はなぜか彼女をエイズ患者だと認識していたようで、少しびびってしまった。そしてその態度が相手に伝わってしまったのではないかと不安になり、エクスキューズするように「半分は対人恐怖だから」と言った。その後その女性と会話のやりとりがあったはずなのだが、詳細は忘れてしまった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR