FC2ブログ

2010年6月10日(木)

22:28
自室にて。日中天気は薄曇りだった。

〈一般事項〉
・仕事:休み。

〈特記事項〉
・相変わらず救急車のサイレンやリサイクル業者のスピーカー騒音が頻繁に鳴る。

【夢】

☆昨夜の深夜から明け方にかけての睡眠時。

⒈バイクで街中を走っていると、川にぶつかった。いつもは川の右側沿いの道を通っていたのだが(これも夢の中だけの記憶)、今回はうっかり左側の道を選んでしまった。すると道は先の方ですぐに途切れてしまっていた。しまった、と動揺した途端に運転もおぼつかなくなり、バイクは川の中に落ちてしまった(1)(私自身は落ちずに済んだ)。その後バイクを回収できないかと道の突端から川に入ってみるが(2)、水量は多いしとてもバイクが落ちた地点まではいけないと判断して諦めた。
川2



☆今日の昼間の飲食後の睡眠時。

⒈田舎の道を歩いていると、小さな店の先に砂利が敷いてある駐車場があった。こういう所は駐車場代は安いだろうけど自分の部屋から遠いので面倒だなと考えた覚えがある。その先の左手は河原になっていたが、ここは枯れ川っぽいなと思って見てみると、川の流れはあった。河原に下りて行き流れの近くまで行ってみたようである。

2住宅地(久木4丁目?)を歩いている。ある家には動物がたくさんいて、屋根の上には2頭の類人猿がいた。そのうちの1頭は黒色で天狗のように鼻が長かった。

⒊山合いの公園の中の散歩道を歩いている。誰かと一緒だったと思うが、それが誰だったから覚えていない。そのあと場面転換があったのか、道がつながっていたのかはっきりしないが、細い道に出た。その時には父が一緒だった。道端の木の枝の上に座っている男がいて、なんだろうと思って見ていると、突然男は枝から飛び降りた。男の首にはロープがかかっていて、首吊りをしているのが分かった。男の舌は激しく飛び出した。しかし、もう一度見てみると、今度はロープの輪を手で押さえ、表情は普通に戻っており、「ナオちゃん、ナオちゃん」と言い始めた。私は父に「ナオちゃんナオちゃんて言ってるよ!」と言うと、父は「まあ自分でやったんだから(助けなくても)良い」と言った。
そのあと広い通りに出て、坂道を下りて行った。通りには商店街が並んでいた。私はもうこれが夢だと気づいていたので、地名を知って覚えておきたくなり、電柱についている住所表示を確認してみた。すると電柱ごとに全然違う地名が書かれているので、こりゃダメだと諦めた。そのあと道端にいた若い男と一言二言会話を交わしたが、男はそのあと脇道に消えて行った。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR