2010年2月12日(金)

12:42
今日も自室にて。外は小雪が舞っている。

〈一般事項〉
・仕事:行こうと思っていたが、直前に強い雨が降りだしたのを見て中止(そのあと雨は弱まったようだが)。

〈特記事項〉
・昨日は終日これでもかというくらい、私の思考・行動にタイミングを合わせた救急車のサイレンによるノイズキャンペーンを受けた。

・夜寝ている最中に8時半ごろ父から電話がかかってきた。その後にも救急車のサイレンが鳴り出した。

・加害者は乳首立て・耳圧迫・振動等を相変わらず私の発言(脳内を含む)に即応する形で引き起こしてくる。

【夢】

⒈夕方からの夕食後の夢。覚えていない。父からの電話で中断した。

⒉再び深夜0時近くまで寝たときの夢。ほとんど覚えていないが、最後の場面だけ覚えている。

とある部屋の中で私と兄らしき人物が口論をする。私たちは立っていたが、背後には教室の中のように若い女性たちがめいめい自分の机の前に座っている姿が見えた。どういうわけか性器についての話になっているようで、私が「俺より皮の被り方が大きいくせに」などと言うと、兄(?)が「それは逆だな」などと言ってきて胸を張った。「さては手術しやがったな?」などと問い詰めると曖昧ながら肯定したように見えた。「みっともねえ〜」などと私は言い、「俺が自分のちんぽのことを小さいとか包茎とか言って悩んでいるとでも思ってるんじゃないの?お前頭悪いよ!」と大声でまくし立てた(しかし途中で急に口が動きにくくなって喋りづらくなった覚えがある)。兄(?)は黙って女の子の席の間をすり抜けて出て行こうとしていた。女の子たちは笑いを怺えるような表情をしていた。

目が覚めた後、当然のことながら大層不愉快だった。その直後風呂に入ったが、そのとき夢を送信してきた加害者に心の中でひどく毒づいたら今までにないほどの痛撃が左胸に走った。またペニスを洗おうとした時、恥垢の量が異常に多く、結晶がハッキリ粒状になって亀頭のウラに固まっており、亀頭全体も白く濁った色になっているのが分かった。昨日も洗ったばかりであり、たった一日でこんな状態になることなど勿論あり得ない。あまりにタイミングがよく、明らかに直前の夢に絡めた工作である。それにしても恥垢の生成量まで操作出来るということ、また出来るからといってわざわざこんなことまでしてくる加害者共には本当に気味の悪さを覚える。

⒊仕事に行くのはあきらめ再び寝たときの夢。《今、不快な衝撃波と耳圧迫を食らった》前半の方は覚えていない。

①現実には見覚えのないとある和室で目を覚ますと、枕元にけったいなお札(ふだ)みたいな紙が置かれていて、そこに五寸釘が刺さっていた。お札に書いてあった文章は覚えていないが、やはり不吉な内容だったようだ。その後そのお札についての解説のようなものを聞く場面もあったようだが、その内容は覚えていない。場面は変わっていつの間にか逗子の家のキッチンのような場所に居たが、私はこのお札の件でパニックになっており、「今日は裁判の判決の日なのに、これじゃ負けだ。創価にやられた」などと言って騒いでいたようである。《今、耳圧迫が襲ってきている》
②ロビーのような場所で長椅子に座っている。いつの間にか音楽が聞こえてきて(何の曲か全く覚えていない)それに合わせてハモリのフレーズをつけようとしているのだがうまくいかない。すると急に右耳からの音楽がストップし、左耳からのみ音楽が聞こえる状態になり、私自身の歌声が聞き取りやすくなったら出来るようになった。そのあと後ろに座っていた人物(チトシ?)が、「ハルってもともと完全な音痴ってわけじゃないでしょう」と言ってきた。「練習で(ハモリが)どこまで上手くなれるものなのか」私はそれに対して、「俺の場合ハモリの練習みたいなことしてるけどそんなに向上してないんだけどね」と答えたら、その直後に目が覚めた。

⒋さらにもう一度寝たときの夢。

①夜、ポスティングの仕事に出かけようとして車で出かける。まずチラシを引き取りに会社に寄って行こうとするのだが、途中で道端に停車したときにあらためて考えてみると、まだ夜中で会社が開いているわけもなく引き取ることができないということに気づく。
②ホテルの一室に泊まっているようで、夜中に何かの用事があって自分の部屋から出て廊下を徘徊する。途中他の宿泊客と出会ったときには、私はなぜか逃げるように直面を避けたようだ。その後自分の部屋の番号がわからなくなり、鍵についているナンバーを見るのだが、そこには606と読める数字が書いてあった。しかし逆さの909かもしれないとも思ってプレートを逆にしてみたりしているうち、どっちが正解だか分からなくなった。さらにそのあと円筒形の物体で表面のあちこちに鍵穴らしき穴が開いている装置(鍵と鍵穴を照合するための装置?)を手に入れてあちこちの鍵穴に鍵を挿してみるが、結局自分の部屋が何号室だったのか判明しなかったようだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR