2010年1月7日(木)

12:55
自室にて。天気は晴れ。《今、救急車のサイレンが鳴り出した》

・昨日、コーエイというゲーム会社が自社のゲームソフト「大航海時代」の中で日本海を「朝鮮海」と表示したという問題についてのスレッドを2ちゃんねるで見ていた。この会社は私がつい最近始めた「信長の野望」を出している会社であり、この「大航海時代」にも興味をそそられていたので、話題として非常にタイムリーだった。しかしこのスレを読んでいる間スピーカー騒音業者がやって来てしつこくしつこく延々と停車したまま音を響かせ続け、そこへ大きなジェット機の音がしたかと思うと、見ている携帯の電源が突然落ち、さらに救急車のサイレンも鳴った。

・前項にも出てきたが、軍用ジェット機(米軍?自衛隊?)の轟音が私の部屋の上を通りすぎるのと同時に、室内で種々の異変が起こることがある。すなわち、昨日の携帯電源落としのほかに、床のブレを伴う衝撃波、洗濯機の停止、最近ではPCの誤作動等々である。勿論ヘリコプターの飛来と同様、この轟音自体がタイミングを合わせた威圧や仄めかしとして用いられていることは間違いないが、これらのジェット機自身が異変の元となるエネルギー兵器の類を使用しているのか、それとも別の場所《今、救急車のサイレン》からの加害攻撃とコラボしているのかについては、今のところはっきりしない。

・昨日の午前中、とある被害者がインターネットで自分の住所を公表してその付近だけグーグルアースのストリートビューが見れないと書いていたのを見て、それを確かめようとその住所にグーグルアースで飛んでみたときに(確かにその家の前の通りだけストリートビューが途切れてるように見えた)、ジェット機の轟音と大きな救急車のサイレン、洗濯機の異常停止の3つがいっぺんに起こった。

・水道水からいわゆるカルキ臭以外の臭いがするということは以前に書いたが(←註:この部分はブログでは割愛)、昨夜お湯の方の蛇口からお湯をしばらく出していたらはっきり白濁してきたのでぎょっとした。その後しばらく放置していると、細かい泡が消え、いつの間にか濁りも取れるようなのだが。今後要注意である。《今加害刺激のボリュームが上がった》

・乳首のほかに、陰部周囲への刺激、鼻(鼻孔の入り口近く)の痒みやくしゃみを誘発する刺激も相変わらず。

・夜寝るまで足の重苦しい痛みが地味に延々と続いた。時々私が「心の中で」毒づくと、その言葉に反応して攻撃のボリュームが上がった。



1.
①視界には《また救急車の大サイレン》住宅地の街並みが映っていた。私は「芸能一家」だという家族(誰かは覚えていない)と一緒にいて、彼らと会話していた。私は彼らをすごいすごいと褒め讃えていたようだが、会話の内容は詳しく覚えていない。
②木村カエラと一緒に中央が天井吹き抜けになっているホールのような建物の2階の回廊にいたのだが、私は手に持っていた皿を手すりの向こうに落としてしまう。皿は1階の床まで落ちて割れてしまったのだが、それと同時にイヤな悲鳴が上がった。《今、また救急車のサイレン。実にいいタイミング(笑)》その皿が誰かに当たって大怪我をさせてしまったらしい。私は慌てて階段で1階に降りていくのだが、誰か(男)がゴミ袋用のビニール袋を渡してくれて、その人物と一緒に降りて行ったのを覚えている。1階に着くと、すぐ隣に車椅子のようなものに乗せられたミイラのような人( 包帯でぐるぐる巻きにされていた)がいて、そこに「必至」という貼り紙がしてあったので、私はこれが被害者なのだろうと思った。私はあたふたと床に散らばった皿の破片を集めようとするが、その間、の中にしては珍しく思考盗聴されているという意識がもたげ、こんな場面で不謹慎な言葉が「バグ」として思い浮かんだらとても許されないだろうと思ってその苦しさに耐えられなくなり、「もう殺してくれ」と心の中で言った。その後、ホールの隅のほうに行くと何故かデーブスペクターが目の前に居た。最初Hacで始まる単語の文字が彼の顔の表面に現れていたのだが、彼が怒ったように大口を開けると、その単語がHucで始まる単語に変わったようだ(何か英語の言葉遊びになっていたのかもしれないが、よく分からない)。

2.
これもかなり場面数の多い、長いだったようだが、ほとんど覚えていない。わりとはっきり思い出せるのは、誰かと一緒にある施設にたどり着いた場面。この建物の外観も完全にリアルだったので実在の映像が送り込まれたのであろう。私はそこを「税務署だ」と言い、「懐かしい、昔ここで働いていたことがある。職員としてじゃなくて、建物管理員として」などと語っていたようだったが、実際には見た覚えのない施設なので、おそらくの中でデジャヴ現象が起こったのだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR