FC2ブログ

2009年9月4日(金)

12:08
今、諏訪南公園に来ている。

~中略~

午後3時ごろに相模原公園を後にし、帰宅。往きにコンビニで買っておいたワインを飲んで寝た。その時見たで覚えているは3つある。

①見知らぬ街角の一隅に住んでいることになっている。建物の道路側に灰色をした鉄製の外階段が付いていて、それを上って2階から入るような形になっていた。一見アパートのようだが、アパートの一室を借りていたという感じではなく、建物全体を使わせてもらっていたような覚えがある。というのは、2階にいるときに例によってすごくリアルな形でモーツァルト風のピアノコンチェルトの音楽が聞こえてきたのだが、それを聞きながら「内階段で」階下に降りて行くという場面があったからである。結局音楽の方は伴奏のオーケストラ部分が消え、ピアノの音もぎこちなく途切れ途切れになってしまった。
そこを住処としていることにの中では何の疑問も感じていなかったようであるが、そこでの生活の詳細について覚えていない。一つだけ覚えている場面は、外から帰ってきて建物の前まで来たときに、道の向こうからやってきた車がちょっと不自然に一回こちらへ向けて車の頭をひねってから停まったので、リアル世界での時のようにこれはナンバーを見せようとするアンカリング工作車じゃないかと思って視線をナンバープレートから逸らすという場面である。
②ワンシーンのみのなのだが、団地の棟間のスペースのような場所で、背の高い女性(スリムでズボン姿。年齢は同世代位?)に向かって「ユー・アー・ア・ワイフ・オブ・ア・ロックンローラー!!」などと叫んでいる。相手はおそらく日本人だったのに、なぜか下手な英語を使ってそんなことを叫んでいた。

そこで一旦目が覚めたが、いまいち寝足りないような気がしたのでもう一度寝た。

③最初の場面では長テーブルの周りに若者達(男子)が座っていて、私もその中にいた。私は右端の席にいたようだ。確か左側から男声のハーモニーが聞こえてきて、私の周りにいた若者も何か歌い出した。私はそれにハーモニーをつけようとしたようだったが、確かオクターブユニゾンみたいになって、うまくいかなかったようだ。そのあと場面転換があって、
④何かの試験を受けに行く。何の試験だったかよく覚えていないが、希望者だけが受けるようなわりあい気楽な試験のように感じていた。場所は大学内の小教室といった趣きの部屋で、確か2部屋続きになっていた。私は手前側の部屋の左奥の席についた。そこに試験官が問題用紙を配布しに回ってきたが、その人を確か「チャイム!」のいもっちと認識していた。配られた問題用紙は結構分厚い冊子で、数科目分あるようだった。また表紙には確か「中三・高一レベル」などと書かれていた。試験が始まる前に目が覚めたので、結局試験の内容はわからずじまいだった。

目が覚めると、目ショボ感はあったが、《今、ヘリがやってきた》不快刺激の余韻は残っていなかったようだ。しかし近くに積んであった配布用のリハウスのチラシを何気なく手に取って「リハウスガール」の女の子の写真を見ながら、「少しイメージ変わったな」と心の中でつぶやいたあたりで、夜の覚醒後に喰らうことの多い、吐き気の一歩手前のような不快感を引き起こす攻撃のスイッチが入った。《今、何かすごくうるさい工事の音が聞こえ始めた》室内はサッシを開けても28℃だったのであるが、温度計を持ち出して外気温を測ったら20℃しかなかった。

仕事は溝口・高津3担当者分で、終了後、まっすぐ帰宅。朝飯を喰ってブログチェックなどをした後(例によってその間激しい睡魔攻撃あり)眠ったが、その間ずっと露骨な振動攻撃によって床や壁が細かくビブラートしていたので、それに伴って勝手に心悸亢進が起こったり、全身に痺れるような重苦しい痛みが発生したりした。そのとき夢もいろいろ見たようであるがほとんど覚えていない。一つだけ覚えているのはインドネシアのユキさんが出てくる場面。彼が道端で携帯の画面を見ているので、私がそれを覗き込んでみると、そこには走っている車の姿が映っていた。私は「(俺)そんなの見たっけ?」と言ったようだった。彼の持っていた携帯の画面が私の視覚盗撮モニターになっているという前提での発言だろう。

目が覚めたあと風呂に入り、思考盗聴被害についてのブログを検索して読んだりした後、おにぎりを作って出かけた。最近車のナンバープレートをかわし続けているのでその「埋め合わせ」のつもりだったのか知らないが、道中は警察車両との遭遇が多かった。公園に着いて、まずおにぎりを食おうと腰を下ろしたが、どこに座っても蚊が多くイライラさせられた(虫除けスプレーが全然効かない)。結局アスレチック遊具の前にあるベンチに腰を落ち着けた。

何日か前に気づいた肩口のプルプルビブラートは収まっているようだが、体の他の部分のあちこちがアトランダムにプルプル震えることがある。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR