2009年6月12日(金)

14:22
今日は久しぶりに多摩ニュータウンの諏訪南公園に来ている。

~中略~

3時半ごろ仕事が終わって帰ってきた。外から帰ってくると分かるのだが、彼らがスイッチを入れて待ち構えているときは、私の部屋の前の通路に立った時点ですでにサワサワするような電磁的な違和感と軽い動悸、息苦しさがはっきり感じられる。彼らの設定した異常な電磁場が部屋の外にまで張り出しているのである。もちろん部屋に入るとたちまち部屋の外で感じたよりも強い電磁気に襲われることになる。最近何を張り切っているんだか知らないが、またこの加害のボリュームが上がってきているので、正直怒り心頭に発している。集中力を要する作業、頭を使う作業がことごとく妨害されるし、眠ろうと思っても、頭を襲う気だるさとは裏腹に心悸亢進が起こってしまうので、まともな睡眠が取れないのである。朝食を喰った後、相当苛立っていたが、そのうちさすがにボリュームを下げてきたのか、眠れる状態になってきたので寝た。その時見たは、

後半の方でレストランか居酒屋のボックス席にいて数人で食事をしているシーンがあった。私自身はその場面において全く発言をした覚えがないので、もしかしたらシーン内に参加はしておらず、映像を見せられていただけかもしれない。場面は日常的な食事風景というよりは、ドラマの中の食事シーンといった雰囲気で、メンツの中に二・三人目立つ形で、いわゆるイケメン俳優らしき若い男がいた(最近出てきた人らしく、名前はわからない)。彼らは皆スーツ姿で、仕事中もしくは仕事帰りという設定だったようだ。全員が同じ職場の仲間かどうかは疑わしく、中に一人、イケメンキャラではない男性がいたのだが、彼は周りからどことなく「ゲスト」のように扱われていたようである。イケメンの一人から、食べ物を使った言葉だけで愛情を表現するにはどんなセリフがあるだろうか?といったお題が出され、別の誰かがそれに応じて「口の周りについたクリームを舐めてあげるよ」と言っていた。

そこで目が覚めたが、目覚めた直後は例によって両眼がショボショボしていた。しばらくごろごろしていたが、また眠くなってきて寝た。その時見たでは、磯山さやかと男性の声のやりとりが聞こえてきた。彼ら二人は偶然同じ内容のを見たという。そのの中では、ある俳優がある作品の中で今までのイメージとは違った役を演じていたらしい。私はそこに割って入り、「二人同時に同じを見たなんて、それおかしいよ」などと言った。「電波を使って二人に同じを夢を送らなくちゃできないよ」と言いながら図を書いた。



磯山さやかが「そうか送られちゃったかー」などといった。「できるの、そんなこと?」などと二人に訊かれ、「それはもう出来てる。後はそれを使うかどうかの問題」などと言った。すると磯山さやかが「出来ちゃったかー。使っちゃったかー」などと言った。そのあと磯山さやからしき女性の裸体画像が目の前に現れたので、右手を伸ばして正面から揉もうとしたが、今一つ確かな手応えは感じられなかった。

追記:この夢は、私が受信登録している携帯の配信番組「EZスタイルチャンネル」の司会者である磯山さやかと声だけ出演の「わたぬきさん」(実際には芸人の吉村崇)の二人が、番組収録ついでに私の夢の中に直接「出演」してきたような雰囲気たっぷりの夢だった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR