2009年5月11日(月)

13:27
いま中津川の河原(いつもとちょっと違って角田大橋の上流側)にいる。

昨日はあのあと諏訪南公園で「満ち足りた朝」の続きを読んだりし、5時半ごろ帰宅、ワインを飲んで寝た。その時のは全く覚えていない。夜中に目を覚まし、軽く一風呂浴びて仕事に出かけた(ピザチラシ。西大沼1・2)。仕事終了して帰宅したのが4時半頃か。そのあと朝食を喰って朝寝した。その時に見た

①省略。
②脇道から本道に原付で進入して行く。私は本道に合流した後、確かそのまま逆方向に進行しようとしたのだが(今考えると、右側通行のルールになっている)、後方に警察車両がいるのに気づいて、慌てて引き返した。しかし警察にはしっかり見られていたらしく、私を追いかけるように後ろから迫ってきた。その際サイレンの音がはっきり聞こえてきたのだが、確かピーポーピーポーと言う、救急車のサイレンだった(?)。私はこのままじゃ捕まると思って、警察車両の周りの車列が詰まっているの良いことに、急いでUターンし、はっきり道を逆走して逃れた。警察は追って来られず、一応その場は免れたのだが、ナンバーを見られたのではないかと後で少し不安になった。
③省略。
④周りから上り坂が集まって小高くなっている場所にいる。団地の棟間を走る道路の路上のようだった。私は立っていて目の前にいる女性(誰だかわからない)は椅子に座っていたようだ。その女性とそれほど多くの会話を交わした覚えは無いのだが、最後に何か批判的な言葉を(具体的には忘れた)を彼女から受ける。答えを探していると、背後から「男性に対するdisgustがあると思います」という男性の声がして、振り向くとそこには阿部寛が座っていた。disgust...嫌悪か、と考えたが、私が「阿部ちゃんは大丈夫ですよ」と言ったら、彼が席を立って私のほうに歩いてきて片手を差しのべてきたので、我々は握手した。彼がまた席に戻ろうとするときに、私は「一回阿部ちゃんに会ったことがあるんですよ!新宿の居酒屋で。すごい以前、バブルの頃の話だけど」と言った(これは実話。トイレで一緒になっただけだが)。彼は私に対して、何か好意的な言葉を返した。私が(彼の)母親に似ているとか、私が彼に似ていると母親に言われるとか、そんな言葉だったが、はっきり思い出せない(実際には似ても似つかないが)。彼の声や、その長身の姿はリアルだったが、少し気になったのは鼻の向かって左側が欠落したイメージになっていたことと、握手を交わしてまた席に戻ったあたりから別人物(メガネをかけた中国人風の男性)のイメージにすり変わっていたように見えたことである。

そのあと早めの昼食をとって寝た。そのとき金縛りにあった。体の右側を下にして左向きになっていたのだが、いつの間にか右側(背中側)に触感と人の気配のようなものを感じていた。ドタバタと大勢の足音も聞こえてきたようである。睡眠状態から意識を浮上させ、目覚めたつもりでも、体がそれについていけずまるで動かないのだ。しかし目は開いていて、目の前に布団と自分の左手が見えた(後で本当に目覚めたときにこれとまるっきり同じ視界に戻ったので、これはの中の映像では無い)。そこで私は「左手も触ってみて」と心の中で念じた。もし何か「居る」のであれば私の左手を触りに来た時に私の視界に何かしら映るかもしれないと思ったからである。しかしいくら待っても左手には何の刺激も感じられなかったので、私は目を閉じ、その背中についているらしき者にぶちかましを喰らわすシーンをイメージした。するとそれがそのままになったかのようにが始まり、背中についていたらしきものは小柄で小太りの男(レスラーのような黒いウェアを着ていたようである。ナチョ・リブレに似ていた。)として具現化され、彼に対する攻撃は、彼よりはるかに大柄のレスラーによって受け継がれた。私はその映像をただ傍観している形となった。大柄のレスラーが小柄な方を高々と持ち上げていたシーンを覚えている。

その後一旦完全に目覚め、また再びうとうとした。その時に見た夢は、ほんの短いワンシーンのみ。

私は教室の自分の席(一番廊下側の列の真ん中へん)で弁当を食っている。するとそこへ中学の時の同級生の女子O馬さんが前の方から歩いてきて、私の机にワインの瓶を置いた。瓶は一升瓶で、中身は半分位の残量だったようだ。ワインは白ワインだったと思う。ラベルの中の記載ははっきり覚えていないが、酸化防止剤無添加ワインのような表示があったようである。彼女はニコニコしながら、「覚えててね。味を」と言ってそのまま後ろの方へ歩いて行った。

目が覚めた後、風呂に入って出かけ、ここに来た。釣竿も持ってきているし、道中上州屋で釣り餌(ミミズ)も買ってきたので、この後釣りを少ししてから帰ろうと思う。
プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR