FC2ブログ

2009年6月17日(水)

18:03
今日も室内にて。

昨日はあの後、ワインを飲んで豚ソテーを食って寝た。その時見たは、よく覚えていない。少しだけ覚えているのは、青い子熊のようなアニメキャラが、みんなの前でアーチェリーの腕前を披露するといったシーン。まわりにタモリがいたので「笑っていいとも!」の番組内のようだった。私も確か番組に参加していて、ホラホラッというような感じで子熊を促した覚えがある。しかし一回矢を放って見せた後、いつの間にか件の子熊は人間の男の子になっていた。

~中略~

そのあと朝食を喰って再びでごろごろしているうちに眠くなって寝た。その時見たは、後半の方しか覚えていないが、極めてリアルなだった。

思い出せるのは夜の住宅地の一角での場面から。私は道端にバイクを止め、その周りでへたりこんでいる。なぜそんな処にそんな状態でいたのかはよくわからない。片手に確か缶ビールを持っていたので、酔っ払ってしまったという設定だったのかもしれない。立ち上がろうとするも、腰が抜けたようになってしまい、立ち上がれなかった。中腰か座り歩きといった形で何とか移動するが、道脇のアパートの階段口の上の方から犬の吠え声が聞こえてきたので、ここにいたら絶対に不審者だと思われると思い、急いでバイクのところに戻った。その後、バイクを走らせながら自分の本来の用事を思い出す。それはカー用品店に売っているかもしれない何かを買い求めるということだったと思うが、具体的に何だったのかは現時点では思い出せない。道中確かサザン(桑田)の歌が聞こえていたと思う。飛ばし気味のトラックの後について赤信号への変わり際を危うく通過し、坂道を登って行くと、道端に店があるのが見えた。その店に迷わず入っていったところを見ると、そこはカー用品店だったのかもしれないが、店内をあれこれと物色した記憶はなく、直接レジカウンターの前にいる場面に飛んでいた。そのレジカウンター周辺の様子は実にリアルだった。「〇〇ありますか?」と私が尋ねたのであろう、私の話を受けて、店員がカウンターの隅の方へ行き、何か調べる素振りをした。その瞬間、その店員が高校時代の同級生のO俣君であることに気づき、「ゴリ!ゴリだよね!」と私は興奮して叫んだ。彼のほうも「これは凄い偶然…」などと言ったようだ。その後、彼はカウンターの外に出てきた。私が「今どうしてるの?」と訊くと、「連れの調子が悪いんでそっちに行こうかと思ってる」と答えた。私はその後「ちょっと頬っぺたつねってみて。かどうか確かめるから」と言った。彼はつねるよりもこっちの方が早いとばかりに、いったん頭突きをする真似を見せたが、私が「だめだよそれ。痛いから」と制すと両手で私の両方の頬をつねってきた。しかし頰を掴まれる触感はあったのだが、全く痛みが感じられなかった。「痛くない!痛くない!これだ!」と叫んでいるうち目が覚めた。

目覚めた後、の中で頬をつねっても痛くないっていうのは本当なのだな、などと納得していたが、一方で足(脛骨)に痛みが発生していた。これは睡眠中に床下から食らった傷害刺激によるものだろう。その後まだ眠気が残っていたようで、再び眠くなって寝た。その時見た夢は長く、内容多彩だったようだが、この種の夢は往々にして私の記憶容量をオーバーしてしまうので、あまり記憶に留めることができないようだ。今日の夢でかろうじて思い出せるのは、私が何か新しい職場に入っているという状況設定で、その職場というのはおそらく何かの施設(養護学校?)だったということと、その中でのレクレーションとして野球の試合が行われているのを見ていると、周りが買いかぶってくれたのか途中で球場内のスコアボードに「〇月(私の苗字)」が4番打者として現れたので、私は「いや、ムリだから」と慌てて辞退した場面があったことぐらい。《今電話が鳴り、出たら間髪入れずに女の声で「間違えました」と言って切られた》そのあと目が覚めて、さらにもう一度眠ってしまったらしい。その時見た夢は、確か何回かにわたって電話がかかってくる夢で、電話の相手は女性、内容はポスティングの仕事の依頼だったと思う。これもディテールはよく覚えていないが、夢の中の世界ではかなりのリアリティを伴っていたはずである。何度目かの電話の際に(チラシをこっちから取りに行くという話になったのだろう)「どんな人か、楽しみにしてる」などと言われたのを覚えている。その後チラシの現物なのか、印刷された活字による広告文を読むシーンがあった。その時点ではその文字・文章に夢だと思えないほどのリアリティを感じていたので記憶に留めておこうと思ったのだが(薄々夢だと気づいていたらしい)、目覚めたらほとんど頭に残っていなかった。辛うじて覚えているのは「南Nz滞在8ヶ月....云々」といった条りがあったことくらいである。

2009年6月18日(木)

13:41
蒸し暑い室内より。

昨日はあの後、ワインを飲んだ。今カセットコンロのガスボンベを切らしているので、つまみと〆は冷奴とレトルトカレーと卵とご飯で乗り切った。そのあと寝たが、その時見たは覚えていない。目を覚ましたのは夜中で、そのあと階下からチラシを搬入。支度して仕事に出かけた(鷺沼・小台・土橋2~4・有馬1・2)。

仕事中、プラッツ鷺沼で配っていたらやたら周囲に響き渡る話し声が外の通りから聞こえてきた。駅に近い場所とは言え、時刻は午前3時半ごろ。人通りは殆んどない。少なくとも今まで何十回となくここへ来ているがこのような事は初めてだった。抑制のきかなくなった酔客の群れといったものをイメージして道に戻ってみたら、数人の若い男にスーツ姿の女性が一人というグループ(ぱっと見、アルバイトの若者達とその雇用側の女性社員か女性経営者といった風に見える)が歩いていて、酒を飲んでいるかどうかはわからないが、少なくとも泥酔しているような乱れは無い。それにしてはこの話し声の大きさは異常だと思いながらバイクを発進させ、彼らを追い抜こうとした瞬間、集ストに特有のあの馬鹿高笑いの合唱が響いてきたので、これはさすがに怪しいと感じた。次の鷺沼ハウスに着いて配っていると、彼らの話し声がまた近づいてきたので、充分に彼らをやり過ごしてから出て行こうと考えていたのだが、どうも彼らの姿も話し声も、このマンションの前を通り過ぎた気配が感じられない。おかしいな、と思いながら出て行くと、このマンションの玄関の前で、ちょうど女性と若者たちが向かい合って暇乞いをしていた。女性がこのマンションの住人で、若者たちが彼女を送ってきたという形だった。しかし彼らの立ち位置というのが私のバイクの真前で、私がバイクに戻るにはちょうど彼らの間をすり抜けて行かなければならないようなポジションだった。停めたばかりの私のバイクがそこにあるのだし、私がまたすぐ出てくるのも予想できそうなものなのに、と思ったが構わず彼らの真ん中を突っ切ってバイクに戻った。すると彼らはここで解散し、女性はマンションの中へ入って行った。若者達の方だけが道に残される形となったのだが、その後の若者たちの話し声と言ったら、先ほどとは打って変わったような小ささ。というかこちらの方が普通なわけだが、いずれにしろ先程の大声は無理して出していたのだということがはっきりした。

追記:上記の件は、出かける前に見た(6月17日分参照)に出てきた女性とこの女性が同一人物で、本当に私が「どんな人か」確かめるために出てきたと考えると辻褄が合ってしまう。こういう工作は珍しい。ちなみに昨日の日記を書いているとき、そのについての記述に差し掛かる直前にかかって来た「間違い電話」の主も怪しい。送信、思考盗聴集団ストーカーの全てを駆使してまで私の前に姿を現したこの女性は一体何者だったのだろうか?

仕事が終わったのが午前6時半ごろで、そのまままっすぐ帰ってきた。帰り道、大蔵の近くのバス停に携帯を覗き込んでいる女子高生の二人組がいた。私は「こういう感じの女の子が、(視覚盗撮参加者として)怪しんだよな」と内心思いながらも、そのまま彼女らの横を通り過ぎ、10m以上先の信号前で停まった。たまたま左のバックミラーがちょうど良い角度にセットされていたので、ミラーに彼女らの姿が映っていたが、彼女らは相変わらず手元の携帯を覗き込んでいる様子で、こちらに背を向けていた。そこで私は、試しに突然パッと振り返り、彼女らを直接見てみた。するとそれに反応するかのようなジャストタイミングでこちらを振り返って私を見たので目が合ったのである。彼女らは何ら悪びれる様子はなく、面白がっているような表情をしていた。彼らの携帯に何が映っていたのだろうか?私の視覚映像が流布(放送)されていると考えると合点がゆく出来事である。これまでも不審通行人は数多く見てきたが、これほど露骨な事例は珍しい。ちなみに彼女らはバス停でバスを待っていたのであるから、通常バスがやってくる方向(私と逆の方)により気を取られているはずで、目を向けるとしたらむしろそっちの方向だろう。実際私が振り返る寸前まで彼女らはこちらに完全に背を向けていた。こちら側にわざわざ振り返る理由は他に何一つない。さらに私は10m以上も前方にいたのだから、振り向いた際の体動が彼女達のいかなる感覚にも直接届くということはありえない。もちろん何一つ物音も立てていないのだ。

2009年6月19日(金)

20:51
自室にて。

昨日はあの後ワインを飲んで寝た。そのとき見た夢は、

どこか田舎のほうの町で、道端や電線の上に麦わら帽子やらゴミ袋やらを組み合わせた奇怪なオブジェが沢山出現している。それらはかかしとも雪だるまともつかぬような姿をしていたが、結局それはカラスたちの仕業だということだった。

目が覚めると両眼の奥と右側頭部に痛みを感じた。この種の痛みはすぐに消えてしまうのが常なのだが、今回は最初に感じた痛みの芯が徐々に拡散していくような形で頭痛が翌日まで残った。

〜中略〜

昼頃からワインを飲み始め、午後3時ごろご飯で〆て寝た。そのとき見た夢は、タレントの卵らしい中学生位の男の子の顔の鮮明な映像が視界の中で展開した。一旦目が覚めた後もう一度眠りについたときには、《さっきから間歇的に「キー」とか「ギャー」とかおよそ人間の声じゃないような奇声をあげる輩が周囲に発生。気持ち悪いことこの上なし》芸人らしき男たちが集まってふざけ合っているような場面があったようだ。顔の前で手をギュッと握り潰す動作をしながら、それに合わせて自分の顔もギュッとこわばった表情に変え、その表情で高校野球の選手宣誓のものまねをしている者(恵俊彰)がいたのを覚えている。

2009年6月21日(日)

16:18
今日も自室にて。昨日はあの後ワインを飲んで寝た。そのとき見たははっきり覚えていないが、確か精神病院の実態(入院者への虐待)についてのルポのような内容だったと思う。

~中略~

昨日と同様、昼飯を食おうかワインを飲もうかと思案しているうちに眠くなってきて寝た。その時見たは長いのようだったが、現時点では最後の方しか覚えていない。

実家らしい場所に戻ってきているのだが、そこは実際には全くなじみのない公団住宅の一室のような部屋。棟の端に位置する部屋だと体感的に認識していた。部屋では母親らしき人(実際の母かどうか確かでは無い)が私の衣装を整理しながら、田中角栄の後を継ぐ気があるかどうか私に尋ねてくる。私はその気はないと答えた。母の揃えてくれた衣装を見ると、ズボンやベルトが派手派手でとても堅気の人間の身に付けるようなものではなかったが、あまり詮索せずに着用したようだ。私はこれからお世話になった老夫婦のところに挨拶に行くつもりをしていた(その場所は多分このの前の場面で出てきたはずなのだが、その時の場面はどうしても思い出せない)。確か父もその場にいて、この前は彼らからミルフィーユをもらったと言った。私は何か菓子折を持っていかなくてはならないと考え、水ようかんにしようと言った。水ようかんの菓子折を持って駅に行くと、改札の外の隅でメガネをかけた中年の女性に話しかけられ、何を持っているのか訊かれた。私が水ようかんだと答えると、その女性は他のお菓子でもこういう風に包装してもらえるものなのか?というような質問を重ねてしてきたと思う。私が何と答えたのかは覚えていない。
プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR