FC2ブログ

2009年11月29日(日)

11:25
今日は自室にて。天気は曇り。強くはないが耳に圧迫感と脚に重苦しい痛みを引き起こされている状態。

〜中略〜

その後ゴロゴロしているうちに眠くなってきた。いつもより軽い眠気だったので、寝入りばなに現れる視聴覚のイメージを確認しながら意識的にうつつを行き来してみた。するとその間、視覚的にリアルなイメージが次から次へと立ち現れ、いつの間にかBGMとしていろいろな音楽も聞こえてきているのが確認できた。今朝見た視覚イメージは、本町田の住宅地の坂道を髪の長い女の子が駆け上がってくる映像、それとは全然別の見覚えのないありふれた街角風景、渓谷の中の山道の一隅から吊り橋が少し見えているといった微妙なアングルからの映像、その他諸々だった。それらのバックに流れていた音楽というのが、今朝気づいただけで3曲あった。いずれもJ-Popで日本語の歌詞が付いており、1曲めは男性ボーカルでややアコースティックな曲調、歌詞は目覚めた直後は覚えていたが忘れてしまった。2曲名は女性ボーカルでロック調。スクールウォーズの主題歌みたいな感じで、聴き取れた歌詞は「5年前は退屈だった」というもの。3曲目も女性ボーカルだったが、こちらはもっとポップな感じで聞きやすくはあったが、歌詞は聞き取れなかった。サビの部分のメロディーを直後は覚えていた(必ずしもありふれたメロディではなかったので覚えておく価値があると思った)が、その後もう一度寝たら忘れてしまっていた。3曲とも私に聞いた覚えは無いのだが、実在の曲のリアルさがあったので、おそらく既存の曲を音声送信してきたものだと思われる。

その後、比較的まとまった眠りが訪れたが、その時見たでは私は自分の部屋のちゃぶ台の前に座っていた。部屋は今住んでいるこの部屋のようにも思われたが、体感的には前住んでいた部屋とも逗子の家の自分の部屋ともつかず曖昧なところがあった。すると目の前の窓の外を一人の女性が通り過ぎて行くのが見えた。右手の方から出てきて左手の方へ歩いて行くのだった。私にはその女性が、インドネシアでの知人のM美さんに見えた。どの部屋だったとしても1階ではないので彼女は宙を浮いていることになり、私はぎょっとした。目を丸くして眺めていると、彼女は部屋の左角の外を回り込んで、引っ込んだ作りになっている隣室の窓の中へ消えていった。隣室が引っ込んだところにあるというのは、今住んでいる部屋の位置関係と合致するが、の中の部屋では部屋の左側の壁に窓があった。そこから彼女が隣室に消えていく様子が見えたのだが、実際には窓はない。

プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR