2009年12月1日(火)

(携帯バッテリー切れのため、時刻不明)
相模川畔に来ている。

昨日はあの後、酒を飲み始めた。日記を書いている最中にかかってきたフレッツの代理店からの電話は、「ユーネクスト」を同時に申し込まないかという勧誘だった。その時は良さそうかなと思ったが、後でネットで検索したところ心配な点も出てきて、こちらからかけ直して確認したい事柄を再確認した。工事日前ならキャンセル可能とのことなので、その間に詳しいルールを書いた説明書類を送ってもらうよう言った。《今、ヘリが来て私の前の上空を通り過ぎて行った》
その後、ビデオ「コードゼロ」の続きなどを見たり、ネットをやったりして寝た。その時見たは最後の方しか覚えていないが、

逗子の家の近所で屋根にテレビアンテナを立てる工事をしている。私は関係者として道から眺めていた。その敷地には実際には二軒の戸建てが立っているのだが、私の見た家は一軒で、実際にある家とは違っていた。また私はその工事の関係者だという意識を持っていったものの、具体的にどう関わっていたのか(業者側なのか、依頼主側なのか)についてはいまひとつはっきり思い出せない。また、私の関わっている工事のほかに、その斜め裏の家でも同様にアンテナを立てる工事が行われていた。そのあと場面が変わり、若い女性と二人でこの工事に関わる何かの代金を払いに行く。その金額が確か三百?十円というものなのだが、女性が取り出した小銭を見ると十円足りないようだった。そこで私が自分の持っていた十円玉を足そうとすると、女性から「本当にいいの?」というような反応され、逆に当惑してしまうという場面になった(私にはその代金を払う義務は無かったようだが、私は十円位なら別に構わないというつもりで出したようだ)。

目が覚めた後、喉がカラカラだったので、牛乳・お茶・野菜ジュースで水分補給をしたが、吸収が悪く体内を素通りしてしまったようで、すぐに水便になって出てきた。概してここ二・三日、晩酌の後の体調の回復が遅く、深夜目が覚めた後の気分が悪いのだが、私は原因としてやはり加害刺激を疑っている。
そのあと眠くなり寝たが、その時はここ二・三日と同じく出だしの方では次から次へと単発のイメージやワンシーンドリームが続いた。そのほとんどは思い出せないが、ひとつ若い女性が後ろ手に縛られて、首吊りになる寸前という一瞬の映像があった。そういったイメージの連続の後に、〆のように送信と思われる短いが付いた。

ありがちではあるがはっきり場所を特定できない住宅地の中で、私はとある家の門の前にいた。その庭先には草むしりをしている若い男女がいる。私は自分がこの家の住人(下宿人)であると認識していたので、その敷地の草むしりをしている彼らに対して、挨拶やお礼を言ったほうがいいのかどうか迷ってしまうというシーン。

そこでいちど目が覚めて、もう一度寝た時に見たは、記憶が混沌としていてはっきり思い出せないが、

学校の教室の中で、何かの実習をしているような。小学・中学で同級だったO原君が出てきて、私の持っていた何か(覚えていない。液体?)を使って盛んに悪戯をしようとしてくる。どうしてもやめないので、そのモノはあげるから勝手に持っていってくれと言った。すると彼はそれを持って前の方に行き、女子生徒の机の上に立ててあった筒状のものにそれをぶちまけて台無しにしてしまう。私は「こういうことをされると、俺の責任問題になっちまうよ」と言って嘆いた。

目が覚めた後、骨折の患部をはじめとして、足の脛や右手の指の骨など、体の節々の骨に重苦しい種類の痛みが残っており、それがしばらく続いた。これまではっきりしなかったので日記に書かなかったが、これまでも寝覚めの時に左肩の骨折部位に痛みがぶり返していることが多かった。それについては、私が睡眠中に寝返りや無意識の動作で患部に負担をかけるような体勢になっていたのかもしれないと考えていたが、やはりというか、この痛みも加害者の傷害行為によるものであるらしい。以前から続いている「骨にしみるような」重苦しい痛みを発生させる攻撃を骨折中の患部付近の骨にくらえば、当然同じように痛むわけだ。

起床後、しばらくピアノを弾いたりブログチェックをしたりしていたが、そのあと風呂に入り早めの朝食をとって出かけた。釣竿とギターを持って相模川を目指したが、水郷田名の坂道の途中に路駐している軽自動車はまだあった。長い坂道の途中にぽつんと一台だけ何日間も路駐しているさまは、何か事情があるにしてもやはり奇異な光景である。

河原についてから、しばらく川に向かってリールキャストの練習をした。土手上の歩道を歩いている時、なぜか小学校時代の同級生の女子の母親らしき女性とすれ違った。何故こんな所に....?
そのあとギターを弾き始めた。すると一人の通行人が人気のなかった河原を遠くから歩いてきて何のつもりか私の前で石をカチカチ鳴らして行った。そのあとヘリコプターが頭上を横切り、さらに一台の車がはるか遠くの川下の方から河原をガタガタ走ってきてすぐ目の前を往復2度通り過ぎた。その後、ギターの演奏を録音しているうちに携帯のバッテリーがすぐになくなってしまった。
プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR