FC2ブログ

2,009年12月18日(金)

12:13
今日も自室にて。天気は快晴のようだ。

〜中略〜

レトルトカレーを食って寝た。その時見たは覚えていない。一旦目を覚ましてもう一度寝た時に見たは何となく覚えている。

医院の待合室にいて、おそらくは現実に負った左肩の骨折を診てもらいに来ているのだが、なぜだか話が途中で変わって、私のもとに次から次へと患者らしき人々が訪れてくるようになった。いつの間にか医者の立場に変わっていたらしい。しかも来る人来る人全員が、自分の肩を遠山の金さんのようにはだけて私に見せてくるのだ。中にはひどい怪我を負っているような人もいたり、刺青で肩の周りが一面真っ青に見える人(女性だった)もいた。

目が覚めた時、傷害刺激を受けていることを明確に感じた。吐き気を催し、洗面所で少し吐いた。

そのあと風呂に入り支度して仕事に出かけた(リハウス4担当者分+共通物件)。出発時、階下に降りていくと、マンション玄関の床の上に何やら茶色いものがべっとり付着したちり紙が落ちていた。位置的には集合ポストの私の部屋のポストの真下なのだが、やはり彼らのセンスを反映した工作なのだろうか?見ての印象では100%アレなのだが、本物かどうかは(ニオイ等)確かめていない。

道中ではパトカーを多く見かけた。新聞配達との不自然なまでのバッティングについてこの前書いたせいか、今日は共通エリアに入るなりそれが起こった。その他、ナンバーを見せようとするような不自然な動き・停車位置を取る車は相変わらず多い(すべて視線から外しているが)。

今日も仕事中に携帯のバッテリーを落とされた(午前2時台)。今日は一撃で電源再投入が不可能になり、アラームも鳴らなかった(12月15日と同様の状況)。

明け方、朝飯を買いにコンビニに寄ったが、そのとき私の後に立て続けに客が入ってきて混んできた。そのあと買った弁当(焼きそば)を公園で食べたが、そこでも私が食べている間だけやたら周囲の人通りが繁くなった(その場を離れたら元に戻って誰も通らなくなった)。こういう現象は「工作」というより、視覚盗撮画面を見て「あっウチの近くじゃん」と野次馬的に集まってくる場合もあるんだと思う(もちろん意を含めた工作者を急いで配備する場合もあろうが)。

〜後略〜

2009年12月19日(土)

15:36
今日も室内より。外は晴れのようだ。

昨日はあの後、酒を飲み始め、いろいろ加害者に対して物申しながら夕方まで飲んであと飯を喰って寝た。その時見た夢は、ほとんど覚えていないが、ピアノを弾く場面があったと思う。また最後の方で、ただっ広い空き地をバイクで走り、隅で切り返すような視点からの映像が展開しながら、耳元にはなぜか鳩山首相と思しき声で、何か(政党?)を選んで欲しいというようなメッセージが聞こえていた。その声は、現実の首相本人からはあまり聞いたことのない「〜なの」「〜するの」「〜したいの」といった言葉遣いを盛んにしていたと記憶する。目覚めた直後は、そのシーンの少し前の部分から一応順序立てて一通り覚えていたのだが、すぐに忘れてしまった。

目が覚めた後、喉がカラカラだったのだが、ペットボトルのお茶などがなかったので、久しぶりにお湯を沸かしてお茶を淹れ、二杯飲んだ。その後支度して仕事に出かけた。駐輪場に降りていくと、バイクのヘッドランプ(下向き)がもう切れていた。

道中パトカーを町田署管内だけで二台見た(うち一台は私の後から追走してきて抜かしていった)。仕事開始直後の午前1時直前に、月曜日に携帯のバッテリーを落とされたのと同じマンション(モアクレスト)で配っている最中、またも携帯のバッテリーを落とされた。1時直前ということでいもっち(妹尾友里恵)のチャイムが始まる直前だったということと、月曜と同じ場所で同じ工作を成功させたということで、加害者的には「技あり」の工作だったに違いない。月曜の同じ出来事を想起させ、関連付ける仄めかしになっているのも解るし、それと同時に私にこの番組を聞かれるのがトラブルサムだと言わんばかりのメッセージも感じ取れる。しかしそれなら私の思考盗聴モニターのスイッチを切れば良いだけのことであって、私の携帯を強制終了させて聞かせなくするなどというのは全くもって言語道断である。

その後も仕事中は相変わらず怪しげな車両等多かった。途中で寒さと空腹を感じたのでローソンでおでんを買って食った。仕事は8時ごろ終わり、まっすぐ帰ってきた。

帰宅後、すぐにとんかつとご飯で朝飯を食った。その後入浴を済ませ、万年床に横になりブログチェックを始めたが、床全体の気味の悪い振動とともに動悸を引き起こされ、不快になった。眠くもなってきたのでウトウトしたが、やはりスムーズに眠りに入って行けない。そうこうしているうちに、宅配便で今回申し込んでいたBフレッツのキャンペーンサービスであるPCが届いた。

早速箱を開けてPC を組み立て始めた。その後CDの接続ウィザードを使って接続を完了させた。開通して早速、兼ねてから興味のあったグーグルアースに繋いでみた。自分の住んでいるマンションを間近の上空から見たりして楽しんだが、インドネシアのかつて住んでいた場所を探し当てようとしたあたりからPCの動作がおかしくなった。まず重いし、クリックしても反応がなく操作が停滞してしまう。またズームインの操作をしているのに、逆にどんどんズームアウトしてしまうなどとにかく変なのである。そこで一旦接続を切り、もう一度繋ぎ直そうとしたら、今度はその直前まで使えていたIEが使えなくなっていた。だんだんイライラカリカリしてきたところへ、先日私を待ち伏せしていた集スト灯油屋のスピーカーがタイミングよく鳴り始めた。
結局ごちゃごちゃいじくった挙句、接続ツールのアイコンをクリックした先にある接続ボタンで再び繋ぐことができた。しかしどう考えても動作がおかしい。さては、と思い当たるのは、先日の夢。その夢(もちろん奴らによる送信夢)は、設定したばかりのPCに途方もない支離滅裂な誤作動を引き起こされ弄ばれるというような夢だったわけだが、それと全く同じ状況なのである。「夢の中でやったんだからもう充分だろ?夢だけにしといてくれよ」と加害者に向けて言ったら、その後は奇妙な誤作動は起こらなくなり、インドネシアの探索もスムーズに出来たが、それに関しては私のこのセリフが聞き入れられたというより、奴らが自分達の仕業であったことをアピールするためにアッサリ手を引いて見せただけだと思われる。
プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR