2010年8月11日(水)

9:21
自室にて。天気は晴れ。

〈一般事項〉
・仕事:休み。

・三和(青葉並木店)で買い物。

〈特記事項〉
・さっきピアノを弾いていたが、珍しく妨害らしい妨害は受けなかったので楽しく弾けた。

【夢】

☆深夜の睡眠時。

⒈省略。


①途中で「北の国から」からのシーンと思われる映像を見せられた。映っていたのは主に妹の蛍だったが、彼女がまだ中学生位の頃の姿だった。私はそれを見ながら「すごい。中学生とは思えない。大人びている」とか、「この頃は可愛いかったんだよな」と言ったような気がする。その他、兄の純が家の階段の下に来て二階に向かって何か言っているというシーンもあった。
②見知らぬ中華料理店に飯を食いに行く。《今、救急車のサイレン》店は結構混んでいたと思う。私はレジカウンターのところまで行って注文しようと思ったが、そのとき左の通路から入ってきた店員のハイヒールモモコに、カウンター脇に置いてある140円のデザートを勧められてそれを頼んだ。その隣には確か70円のデザートも並んでいたが、それは断った。注文について、頭の中ではマーボーラーメンにしようかなとその時点では考えていたが、やっぱりじっくり選んでから決めようとメニューをもらって席についた。席はレジの目の前だった。そのあと起こった出来事が今イチはっきり思い出せないのだが、私はこの店の店員に嫌がらせをされていると感じ始めた。一応飯だけは食って帰ろうと思って再びカウンターの前に行き、モモコに「マーボーラーメン、ラーメン」と、声が聞き取りにくいかと思ってラーメンを2回繰り返したのだが、モモコは、「マーボーラーメン、ラーメンね」とオウム返しに復唱してきたので、これもわざと意地悪でやっているように感じられてイヤな気がした。その後、私のテーブルに中国人らしい若い女性店員がやってきて、改めて注文を確認しに来たのだが、その時も「マーボーラーメン」と繰り返し言っているのに相手は要領を得ない様子だった。私は「マーボー。字わかるでしょ」などと言っていたようだ。
③結局その店では飯にありつけないまま場面転換したようで、バイクか何かに乗って自分の部屋(といっても実際には知らない部屋)に帰宅する。部屋に座っていると、外側に面した便所の天窓から新聞が投げ込まれ、それがまっすぐ私の手元に落ちてきたのでそれをキャッチした。新聞を開いてみると、プロ野球のページが目に入ったが、そこには桑田が打ち込まれて負けた試合の結果が載っていた。「13安打9失点」という小見出しもあり、スコアは9-0だった。

☆午前5時台に早めの朝食を食った後の睡眠時。

⒈父と二人である建物の前に立っていたのだが、そこへ女性の係員(?)が出てきて、「お帰りください」と言われる。そのあと父と細い坂道を下ってゆくのだが、そこで父は何か私に対する小言のようなことを延々と喋り始めたので、私はそれを掻き消すように、ドイツ語で数字の1から10 (アイン、ツヴァイ、ドライ……ツェーン)までを大声で誦じ、さらにインドネシア語でも1から10 (サトゥ、ドゥア、ティガ……スプルー)を唱えた。


①見知らぬ広間(20畳位あったようだ。相当広かった)に居る。兄も一緒にいたようだ。すると家のドアをガリガリとこする音が聞こえてきたので猫だとわかり、ドアを開けて中に入れた。猫はシズカみたいだった(少なくとも私はそう認識していた)。部屋の床には洗濯物の山があったので、私は「小便でもされたら困るな」と一度言ったが、その後「まあ、もう大人だから分かってるか。子供も産んでるし」と言った。その後のシーンが思い出せないのだが…
②いつの間にか場面転換していて、屋外のベンチに座って父と会話していた。多分⒈のシーンを受けての話だと思うのだが、私が父に何か言われて、「俺は文章は書くけど喋るのは下手だよ」と言い返した。すると父が「でもシャベハルとか言われてたんじゃない?」と言ったので、「それはアキ(兄)の方でしょう。俺はしゃべるのは嫌い」と言った。そのとき父の横から女性の声(姿はなかった)で、「そういう人はお母さんの愛情を待っているんですよ」と言うのが聞こえてきた。さらにおばあちゃんがどうのこうのと言ってきたのだが、そのセリフは忘れた。

2010年8月12日(木)

19:34
自室にて。天気は曇り。

〈一般事項〉
・仕事:休み。

・ニコニコ動画というのに登録して、ニコニコ生放送というのを初めて見た。

〈特記事項〉
・昨日買い物に行く際に、バイクのエンジンがすぐに止まってしまうという現象が起こった。

・ピアノを弾いている最中に、隠微に遠隔的妨害が入った。

【夢】

☆深夜の睡眠時。


①鮮やかな砂浜の波打ち際の映像が目に映っていた。最初それをPCソフトのスキンのようなものだと思って見ていたが、いつの間にかその世界の中に入り込んで行動していたようだ(車の運転席にいてその窓外に見える風景として処理していた模様)。そのあと海の中に入って行って、そこで海水浴している若い男の顔に向けて水鉄砲を撃ち、命中させた。その後また岸辺に戻って行きながら、撃たれた男は無事かどうかちょっと心配になって振り返ってみたりした(大丈夫そうだった)。
②そのまま海岸を車で走って行き、数メートル位高くなっている道に乗ったが、すぐに行き止まった。その先は岩肌で、大きな洞穴が開いていた。私は車を降りてその中に入っていった。すると中は何かの資料館といった感じの建物になっていて、私が入って行ったのはその二階部分ということだった。入ると中に眼鏡をかけた初老の男性がいて、「数学や物理には何もしなくても最初からできる人間がいる」というようなことを言った。私は何も答えなかったと思うが、そのままその男性と並んでその建物の一階部分から外に出た。出口あたりで男性が奇妙な喉の音を出すのが聞こえたが、建物を出たとたん男性はもう一度喉を鳴らして今度は痰を吐いた。私はそのあと再び車に乗って海岸の上を引き返した。海岸の出口近くまで来たときに、傍に誰かが同乗していると感じたのか、「アタチュルク。(国父というような意味で)スカルトのようなもの。スハルトじゃないよ。…あ、俺今スカルトって言った?」などと言っていた(スカルノと言いたかったようだが、唐突で全く意味不明である)。
③相変わらず車を運転していたが、場所が変わっていた。街中で狭い道の袋小路に入ってしまったようで、のろのろと道なりに進んで行った。道は半円を描くように曲がっていたようだ。いつの間にか外国人(インドネシア人?)の女性たちが数人同乗していて、そのうちの一人がさかんに「バクニー!」と言っていた。「バックしろ」という意味に私はとって、道の行き止まりに着いた時に切り返しのためにバックする態勢に入ったが、歩道の縁に高さ50〜60cm位の金属の円柱 (名称がわからない)が等間隔で立っているのが邪魔になってバックが出来ず、車はそこで進退窮まってしまった。そのうち女性の一人が焦れたように車を降り、その円柱の向こうに立つのが見えた。
④若い女性がなぞなぞを出してくる。それは物の名前を細かい部分に分けて、そのそれぞれを別の言葉に置き換えたものを聞かせて元の名前を当てるというようなものだったような気がする。具体的にはほとんど思い出せないが、問題文の中に「新しい酔っ払い」という言葉があったのは覚えている。最後に若い女性が姿を現して正解らしきものを発表したが、それは「東京ニューブリード管弦楽団」というようなものだったと思う(「ニューブリード」という言葉は確実に入っていた。「ブリード」がどうして「酔っ払い」になるのかはよく解らないが)。

☆今日の昼間の飲食後の睡眠時。

⒈送信夢だったが、あまりよく覚えていない。木村カエラが出てきたのだが、具体的なシチュエーションなどは忘れてしまった。そのあと最後の場面では、野球チームに入っていてピッチング練習(バッティングピッチャーかも)をしていた。板塀に囲まれたスペースの中で、右打者に向かってボールを投げるのだが、バッターの向こうにある板塀の一定の高さ以上の位置に当てなくてはならないとか、その時の球速が63km/h以上でなくてはならないというルールがあった。バッターの立っている位置から板塀までが少し遠すぎると感じていた覚えがある。私は「これは上背がないと難しいな」などとつぶやいていた。いちど私の投げた球が板塀の低い位置に当たったら、近くにいた人物に「無効球」と言われた。なかなか思うような球が投げられず、もうやめようと思いながらやっていたような気がする。
プロフィール

bukanbasabasi

Author:bukanbasabasi
2008年12月24日から2011年6月11日までの日記。異常な日々。

(日付を昇順に並べ替えるにあたって、エントリーの年月日・時刻はいじってあります。悪しからずご了承下さい。)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
昔の日記
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR